>>トップへ戻る
店長からのごあいさつ

茨城県の南西部に位置する坂東市は、平成17年3月に岩井市と猿島町が合併して誕生しました。

この地の歴史は古く、かの平安時代中期の勇将・平将門公終焉の地としても知られており、将門公縁の神社など歴史的建造物も数多く残っています。


弊社の「将門煎餅」は、将門公の名にふさわしいように原材料は特に吟味し、こだわって仕上げています。

関東平野の良質の水稲米を使用し、吟醸された風味の良い優良醤油をタレとして使っています。

祖先から伝わる独特の技術を駆使し、1枚1枚“コテがわら”で押さえながら、丁寧に焼き上げています。


「将門煎餅」の確かな歯ごたえと香ばしさはお客様に大変ご好評で、お茶受けにはもちろん、贈答品としても喜んで頂いております。

「パリパリ焼」、「薄焼」、「厚焼」、「極上厚焼」と取り揃えておりますので、お好みに応じて是非ご賞味下さい。

代表取締役社長
上坂 理一